サニーカラーの紹介


弊社のサニーカラーは紫外線照射により色が可逆的に変化する「フォトクロミック材料」です。

サニーカラーの発色機構は分子が光の作用で吸収スペクトルの異なる異性体になることにより発色する1分子反応となります。したがいまして、サニーカラーは染料として溶剤などに溶かすことで、簡単にフォトクロミック効果を発現することができます。


カラー種類は、左記の6色揃えております。

なお、各々の色をかけ合わせることで、オリジナル色として多彩な色も表現できます。※紫外線量により変色しますので、あくまでも参考として下さい。Blueのみ高温下(25℃~30℃以上)で発色性が低下する場合がございます。